まるっと3104くん

自分、不器用ですから…

赤と青の世界

そういえば。

Japonismライブで「the Deep End」って確か披露されなかったような・・・

(あったかな?)

結構好きな曲だし「青に染まれ!」のところで会場のライトが青一色になるのが目に浮かんで、さぞかし美しかった気もするのだけど・・・

もったいない!!

 

何気に母親とテレビを見ていて

 

「そういえば、3Dテレビって言わなくなったね・・・」

 

そう。

ちょうど地デジ化を急かされていた時、これからは3Dの時代が来たーーーっ!!

と言わんばかりに、電気屋では勧められていた気がしたけど。

知らないだけかしら?

とはいえ、普段の生活に立体感は無くてもいい部類に入る我が家では今のままで十分ですけど。

(映画館とかアミューズメント施設で楽しむ程度でいいじゃね?レベル)

 

3Dと聞いて思い出したのが、嵐さんが10周年の頃にしていたチャレンジウィーク。

最後の歌披露で、テレビ画面が3D映像になるのでメガネを準備するようにと、延々告知されていたこと。

 

そう。

そのころの私は・・・

大野君&嵐ファンだということに目覚め始めた頃。

だけど、いい歳したオバサンがキラキラした年下のアイドルに夢中になるなんていかがなものか・・・と懐疑心もありつつ。

 

地元では恥ずかしいから、わざわざ羽田空港の郵便局まで行って、顔から火が出そうな思いでファンクラブ申し込みを終えたばかり(よっぽどだな)

 

その頃よく櫻井君が、

「赤と青のセロハンを切って・・・」

と、今回のチャレンジウィーク最終企画のため、3D映像対応のメガネの作り方を説明していたっけ。

ファンであることに懐疑心を持ちつつも、こんなイケメンたちを立体的に見れるなんてまじ超~ドキドキなんですけれどもーーーっ!!

と、内心そわそわする私。

だけど

3Dメガネって・・・

立体的な彼らを見たい、触れてみたい!(触れられそうな気がするだけ)

だけど。

3Dメガネがないっ!!

ならば手作りか・・・

んがっ!!

 

のセロハンを買う勇気がないっ!!

 

だって・・・

イムリーな今買えば、ぜったい嵐ファンだってバレるじゃん!!

 

「あ、あの人赤と青のセロハン買っていったよ。嵐のやつだよね。手作りして見る気マンマンだよ!!」

って指さされるに決まってるーーーっ!!

 

ならば

「 娘がどうしてもって言うんで・・・」

ってそぶりをするか(娘どころか嫁にも行っていませんが)

 

はたまた、赤と青だけでなく

「こんど、影絵コンテストがあるんで・・・」

と、大量に別の色も購入。

さりげなく赤と青を忍ばせるか・・・

 

私の脳内シミュレーションはパンクしそうなほど、とにかく嵐ファンであることをひた隠しにしたかった。

 

と、ここでひた隠しにしたかった私に朗報飛び込む。

 雑誌TV LIFEが付録で3Dメガネついているってよ!!

(・・・部活やめるってよ。みたいな言い方)

よっっしゃーーーっ!!

雑誌なら、超~さりげなく3Dメガネをゲットだぜっ!!

かなり書店めぐりましたよ。

そう。このころの私はまだ何も知らない。

そもそも雑誌TV LIFEが全国版ではないことを・・・(福岡までだったはず)

そして1週間で新しい雑誌に切り替わることを

(テレビ雑誌を買ったことも、ましてやAmazon等のネット注文すら知らなかった頃(時が止まっている))

 

時すでに放送直前

 

あるわけがない・・・

 

当日。

 

ぼやぼやにブレまくった映像を、ひとり膝を抱えて見ていたっけ・・・(遠い目)

 

 

雲の上の存在であって、実物をこの目で見ることができるなんて、夢のまた夢と思っていた遠い日のあの頃。

特殊な世界に足を一歩踏み出したばかりのあの頃の、気持ちの高ぶりと落ち込みの狭間の何とも言えない感情。

 

懐かしい・・・

 

 

私にとって入手困難だった赤と青の世界。

 

今更ながら100均にさらっと置いてあったのだけど・・・

(早く教えてよ!)