まるっと3104くん

自分、不器用ですから…

そうだせっかくだから京都、行こう。

本日は人間ドックがあり2時には終わったにもかかわらず、会社に戻らず直帰して日記を書いているという体たらくな私。

なんとでも理由はつけられる!(開き直りやがった)

最近は診断結果が出るの早いね。数時間後には出たわよ。

ここ近年の懸念事項であるコレステロール値が今年はなんと正常値に!!

厚生なんとか省の(もう言ってるし)お役人さんがついこの間

「食べ物ではさほど変わりませんよ~」

いまさらっ!!なことをぬかしやがって(言葉遣いっ)

だったら何が原因だよっ!と迷走しながらも、お言葉に甘えて好きなものを食べまくっていた割には今回の結果は余計に原因不明。

ま、いいか。

ただ、また身長伸びてましたけどなにか?(止まらないのだけど大丈夫なのか?)

 

先日、大野君の個展を観に大阪に行くことになった私。

時間帯も日帰りが可能ではあったのですが(新幹線開通は大きいわね)

4月の初旬も初旬。

時はまさに桜大満開の超がつくほどのベストシーズン。

そして関西方面まで足を運ぶのだったら

そうだ!せっかくだから京都も、行こう!!

そう。

いつもゴールデンウィークあたりに計画して行っていたのですが、この時期って意外に中途半端なんですよね。

桜は散って華やかなものは何もないし、新緑っていうにはまだ物足りないし、かと言って人はやたら多いし、旅費は高いしで思ったほど想像していたような景色や感動に欠けてしまうのですよね。

 こういう機会はめったにないし、今年は遠征せずとも嵐さんに会える機会をいただいたので(もうさすがに遠征の可能性はない)奮発して京都旅行も兼ねての2泊3日の旅。

とはいえども、おひとり様なのでもくもくと観光しただけですけどね。

今回のプランには3か所をチョイス。

やはり1つは嵐ファンとして何かしら嵐さんを絡めたいという欲求から

確か2014年ごろの会報(ざっくり)で相葉君が訪れた「岩倉實相院」に決定!

床がピカピカで外の景色が床に映るという魅力的な場所。

これは行く価値大アリでしょ!!

地図を見ると主要交通機関では終点も終点という離れた場所。

一日観光乗車券を購入してふんだんに乗りまくる作戦(財政上タクシーという選択肢はない)

行って本当によかった!

なにがって・・・

誰もいなかった!!

お屋敷に私ひとり。

足音も声も一切聞こえない静寂の中で、ただ一人ひんやりとした空気の中、お屋敷と庭園を堪能できました。

タイミングもあったのだろうけれど、こういう観光地でなかなかないですよ。

ましてや、嵐さんが少なからず絡んでいるという場所で誰もいないってそうそうないですよ。

もうね。

私には縁もゆかりもない、遠い遠い高貴なお姫様が鎮座していたというお部屋に対座して、ただひたすら悠久の時を感じるこの静寂がなんとも贅沢だったこと!!

こういうチャンスを与えてくれた相葉君に感謝!!

ま、あと贅沢をいえば・・・

あのピカピカの床は「床もみじ」と言われるほどなので、秋のもみじシーズンがベストだったかなということぐらいかな?(だから人がいないのか?)

桜も映るらしいのだけど、拝観可能な位置からは桜は見えないという・・・(立入禁止の柵があるのよ)

ま、ま、そこはね。

もちのろんで、こういうお屋敷内のお写真は撮影禁止なのでお見せできないのですが、外の縁側からの風景は写真OKだったのでパチリ。

 

f:id:marutto-3104:20160413165117j:plain

f:id:marutto-3104:20160413165338j:plain

f:id:marutto-3104:20160413165451j:plain

相葉君の会報にもこの景色が写っていました。

ただ、同じアングルから写すということに気が利かない私・・・(こういうところが残念なのよね)

あと2つは、世界遺産の下賀茂神とメジャーどころの平安神宮をチョイス。

賀茂神社に行く途中の鴨川の桜が大満開で本当に素敵でした。

f:id:marutto-3104:20160413170847j:plain

曇天だったけど、しっとりとした景色。

賀茂神社で参拝。

f:id:marutto-3104:20160413171425j:plain

f:id:marutto-3104:20160413171546j:plain

f:id:marutto-3104:20160413171321j:plain

しっかり団子も食べて・・・(ここは外せない)

f:id:marutto-3104:20160413171706j:plain

つぎはメジャーどころの平安神宮

平安神宮までの道のりの途中、ひとりの老婦人に道を尋ねられた私。

東京でもよく道を尋ねられるのですが、こんな観光客およびよそ者があふれている街であえてこんな挙動不審な超ド田舎者を自負している私に道を尋ねるなんてアナタ!

なかなかレアです!!(ほめているのか?)

いや、わかるわけないじゃんっ!

ただでさえこのバス停で目的地にたどり着けるかビクビクしているのにっ!! 

私には、お気をつけください(知らんし)

f:id:marutto-3104:20160413172926j:plain

平安神宮は・・・

広い!

そしてとにかく人が多いっ!!

ま、メジャーどころだからね。

ちょうど撮りためていたドラマ「火村英生の~」を一気に見ていたので、あっ!ここか~とちょっと嬉しくなる私。

当初のプランではここで終わり。

旅行ってあまり詰め込み過ぎると、修学旅行みたいに時間に追われて何をしたのか覚えていないという残念な結果になるのでゆる~いプランにしていたのだけど、思いのほか時間が余ったという(あるあるよね)

ただ、そもそも寺社仏閣って観光地ではなく普通にお勤めをされている会社?のようなものだから閉まるのが早いので、要注意でもあるのですけど。

便利なスマートフォン片手に検索してみると(便利な世の中になったものね)

平安神宮から歩いていける距離に数年前に行った「青蓮院門跡」に近いことが判明。

その時は夜のライトアップを観に行ったので(向かう途中のバスの中でおじいさんが倒れ「お医者様はいますか!」事件があったという)

今回はお昼バージョンもいいだろうと、そこまで足を運んでみました。

ここは、JRの「そうだ京都、行こう。」の舞台でもあり、二宮君が映画「大奥」で撮影された場所だったかと・・・(うろおぼえ) 

f:id:marutto-3104:20160413182234j:plain

ここのお茶室が映画で使われたのかしら?

f:id:marutto-3104:20160413182418j:plain

この襖絵の青がとても綺麗!

f:id:marutto-3104:20160413182523j:plain

f:id:marutto-3104:20160413182803j:plain

もう少しゆっくり景色を眺めていたかったのだけど、おしゃべりマダム3人組居座って、どうでもいい下世話を大声で盛り上がっていて、とてもそんな気分になれず・・・

その話、今、ここでしないといけない??

ファミレス行ってくれない??

人が多いとこういう場面も覚悟しないといけないけど、ちょっとね・・・

 

そんなこんなで、まるまる一日使って京都を堪能してまいりました。

京都は何度行っても楽しい!!

大野君も「また京都に行ってみたい」と言ってくれたことに共感!!

よし!また、穴場スポット探して京都行こう!!