まるっと3104くん

自分、不器用ですから…

じゃなくて

いつの間にかすっかり「A.B.C-Z 」の河合君に夢中になってしまっていると思っているアナタ!(誰?)

 

安心してください!(去年ネタをまだ使う)

 

ドラマ「魔王」も一気に見ましたから!!(解決になっているのか?)

 

えびさんたちのDVDを見終わった後、急に見たくなったのよね「魔王」(正月早々復讐ものなのね)

原点回帰っていうのかしら・・・(結局は大野君が恋しくなったのよね)

 

でも、はじめて嵐さん以外のコンサートDVDを見させてもらったけれど、本当に楽しい。

そして、どこかえびさんたちには懐かしさを感じたのよ。

そう・・・

ふと思ったことがあって。

いつだったか・・・

ビューティフルワールド以降からかしら。

正直言うとそれ以降の嵐さんのコンサートDVDってあまりリピートしていないのよ。

Hawaiiから宮城までにかけては実は完全に通して見ていなくて、いつのもお決まりのやつだったりするとスキップさせている始末(ごめんなさい)

ま、これにはBlu-ray再生機がリビングにあるので自分の部屋で自由気ままに見れないという我が家の事情も大きいのだけれど。

あと、ファンなりたての頃の彼らのことをもっと知りたいという熱量の違いもあるけれど。

演出だったり映像美だったり、パフォーマンスは年々素晴らしく、ド派手に煌びやかにそして鮮やかになっているのは確か。

何もかもが完璧すぎるのよ。

だけど、昔のコンサートDVDの頃のほうが何度も何度も穴が開くんじゃないかっていうぐらい観ていた気がする。

もし、ほやほやの嵐さんファンの方におすすめのコンサートDVDを聞かれたら

私だったら「Time」をおすすめするかも(ガシガシ踊っているから好き)

えびさんたちのDVDでは今、彼らはとにかくファンに名前と自分たちのことを知ってほしい!覚えてほしい!楽しんでほしい!という思いがとにかく強い。

名前とメンバーカラーとそれぞれの個性や特徴が1本のDVDでわかるぐらい(一気に覚えたわよ)

そして、ファンとの距離が異常に近い!

物理的な距離感もだし、気持ち的な部分でも彼らのほうがファンに近づいていく感じとかね。

言い換えるなら

 

えびさんたちは汗のにおいと息遣いが感じれる距離感

嵐さんたちは汗がダイヤモンドに見える距離感

 

表現の良し悪しはおいといて(まったくだわ)

ガムシャラな頃が懐かしく感じてしまうのは、それだけ先輩としての風格が根付いた喜びでもあるのでしょうけれど、あの若かりし頃の距離感を欲しているのかもしれない(贅沢な悩みでもある)

 

でも、やっぱりジャニーズの世界って本当に楽しい!!

ファンの黄色い歓声、あの煌びやかな世界の居心地のよさったら。

 

ええ。私気づきました。

マサハルさん・・・じゃなかった(うすうす気づいていたけれど)