まるっと3104くん

自分、不器用ですから…

心ここにあらず

会社にて。

嵐さんのライブに行った後の

「しょうくんと相葉ちゃんと目が合ったのーーっ!!」に

 

「ない、ない。」

「みんな、そう言うよね」

「気のせい、気のせい」

 

お決まりのコントを繰り広げるまでがコンサート

を一通り終えて、気持ちもひと段落した今週一週間。

 

録画していた年末恒例の音楽特別番組を、ようやくウキウキ視聴しているといつの間にかよだれを垂らしながらうっとり見入っていた私(気持ち悪いわ)

ブラックのシンプルなスーツ姿なのにいつの間にか大人の色気を醸しだす嵐さんに思わず釘づけ。

似合うわ~。

私がファンになりたての頃(って言ってもまだ数年前だけど)は男性にしては小柄で華奢な体型の大野君の衣装に若干、サイズに違和感を感じていた時もあったりしたような記憶もあったけど、最近はそんな心配もなくジャストフィットに馴染んでいて安心して観ていられる気がするのは私だけかしら。

大野君の細身でジャケットの隙間からひらひらと露わになる腰つき、リズムをとる左足ばかりに目を奪われて、肝心のダンスや歌に集中できない!!(基本下半身かよ)

何度も反芻することになりそうです。

 

録画したものならともかく、実際のコンサートには1回行けるか行けないかの貴重な経験にもかかわらずいつもどこに視線を置いたらいいのか毎回悩むもので。

私自身である程度の決まりごとは

 

遠くの担当より近くのメンバー

 

後はほとんど米粒サイズなのでスクリーン画面か、米粒ご担当ガン見になってしまうのだけど、メインステージに映しだされるリアルタイムのメンバーの映像ではない、演出のためのイメージ映像ってあるでしょ(表現が難しい)

あれをいつも見るべきか、見ないべきかで悩んだ結果何を見ていたかわからなくなるということに。

DVDにそのまま残ってくれていたらいいけれど、切り替わりで一部しかみれなかったり。

大野君のグイグイ感たまらないLOVEコンサートのソロ曲で使われた美女を大野君がリードするという(思い出しただけで顔がにやけるわ)イメージ映像を全編でまんべんなくガッツリ観たいって思うじゃない。

あの会場内にいるからこそ見れる映像ではあるのだけど、リアルタイムで見れる貴重なご本人さんたちを前に、スクリーン画面に目を奪われるのはなんだか惜しいような気がして。

でも、やっぱり生身のご本人優先か・・・

 

あと、今回のJaponismコンサートで失敗したな~っていうのがあって。

後半だったかな?

竜宮城の乙姫様のようはお衣裳で出てくる場面があって。

ふっとスクリーンに映しだされた大野君の振袖部分に鯛が一瞬見えて。

さすが、衣装さん!大野君にはやっぱり魚よね!!

って思ったら、ほかのメンバーの振袖の絵柄が気になって気になって。

櫻井君は、確かに桜模様だったの。

そうよね。櫻井君には桜よね!!

赤地にピンクの桜をあしらうなんて素敵~!!って絶賛!

他のメンバーのも!と思ったけれど、踊っているしヒラヒラ動くし、もちろん映しだされるアングルのメインはお顔だったり全体図だったりでなかなか他のメンバーの振袖の絵柄がなかなかわからない。

ムキになって、もっとこいっ下のアングルっ!!

と、言っている間に歌も終わってしまって・・・

 

はっ!

しまったーーーっ!!

何も見ていなかったーーーーっ!!!!!

 

肝心のダンスや歌はそっちのけで振袖の絵柄に夢中になってしまって。

DVDで観ればわかることだったのに・・・(超後悔)