まるっと3104くん

自分、不器用ですから…

赤いメガネの男の子

大野君の個展フリースタイルⅡの関連グッズにまつわる情報が更新されたということでさっそくのぞいてみて思わず

 

ぬぉっ!

 

と、のけぞってビックリしてしまった。

というか・・・

ん。

 

夜見たら

こ、こわい・・・(ごめんね)

 

こんな感想しか持たない愚かなファンを許して欲しい。

あ、グッズの時計の話ね。

ベビーフェイスでほわっほわな印象の大野君とは真逆をいくようなシュールな絵を描くことぐらい知ってはいたけど、タツノオトシゴが半分に折れてくるくる回るくらいと思っていたから・・・(その発想力が乏しい)

リアリティがあるからこそのインパクト。

惹きつけるものがあるからこその驚きでもあるのは確かなのだけど。

 

残念なことに私には芸術的感性がとても乏しくて。

美術館に行っても「う~ん」なことが多くて(お恥ずかしい) 

この夏の大野君の個展には行けない私。

嵐ファンのお友達にいろいろとお声掛けもいただいたりもしたのですが。(その節は本当にありがとうございました)

もし今後(まだ期待も込めて大阪もあるしね)仮に大野君の個展に行けたとしても、本当に私のようなものが行ってよいものだろうか・・・

正直なところ作品を見るというよりは作品越しに大野君を見ているだけなのではないのだろうか(多分そうだと思う)

それでは、作品から感じ取れるなにかを感じないまま外に出てしまいそうで。

もうちょっと、芸術に興味があったり感受性が豊かだったら・・・

 

芸術にこたえなんてあるわけないから、感じ取ったままを素直に受け入れればいいのだけど・・・

 

いかんせん私には

 

邪心しかない・・・(残念なヤツだ)