まるっと3104くん

自分、不器用ですから…

私は少しも悪くない

午前中、私は凹んでいた。

というのも・・・

離島に出張中の別の部署の部長からの電話

「君が作った図面と調書が相手先から間違いを指摘された!ちゃんと整合性をとったのかね!ちゃんとチェックしたのか!!」

とおしかりの電話。

まじか・・・

その図面と調書というのが、先週の木曜日に

「次の月曜日、離島で会議があるから急いで作って欲しい」

とその別の部署の部長から頼まれたもので、うちの課長からデータをもらって作成したもの。

自分が担当の案件なら状況の把握とかできるものの、他人(この案件はうちの課長が担当)がした案件ほどやりづらいものはない。

しかも、期間が短すぎる!(土日に出てくるほど私は良心的ではない!)

急いで作成して金曜日の午前中までに何度もチェックしてなんとか提出にこじつけた。

んが!

金曜日の4時ごろになって部長から

変更になったからまた修正してほしいとかほざきやがって(言葉遣い!)

ひとりで夜の10時までかかって何とか仕上げた。

私の性格上、自分自身すらも信用ないのでチェックは何度も何度もするタイプ(3回チェックしても間違いが見つかるほど)

そして、月曜日の朝一にうちの課長にもチェックを受けた。

その図面と調書が致命的なミスをしていたとの指摘を受け、かなりショックを受けた私。

あんなにチェックしたのに・・・

その後もう一度チェックしてもどこも間違っていない。

美しすぎるほど整合性とれている。

おかしい・・・

でも、指摘を受けるほどの致命的なミスならば、どこかで私の不手際があったのかも・・・

とだんだん自信がなくなる私。

タイミング悪くうちの課長は不在。

課長のデータフォルダをとりあえず探ってみると、相手先が主張するデータが発見された。

ああ・・・もしや、これのことか。

バタバタして作ったからデータが混在してしてしまったのかもしれない・・・

でも、今までそんな操作ミスするような要素はなかったはずなのに。

しかし現実的には相手先が間違いだと主張する以上は間違いなので、いろいろもやもやしながらも

「私がミスをしていたようです。申し訳ございません。早急に修正します」

と、平謝りしてとりあえず何とか対処したものの正直腑に落ちない。

不在の課長にこの事態を報告した。

すると・・・

「あ、それ。あなたが作ったのであっているよ。相手先との話し合いでそうなったはずなのだけどね。おかしいな」

 

は?

なにそれ!

 

私はミスっていないどころか正しすぎる資料を作っていたのに、話が通じていなかった相手先からも部長からも怒られるし、なぜか意味もなくミスを認めて謝ってしまっているじゃないのよ!!

でも、なんだか今更

 

私は少しも悪くない!!

 

と主張するのも大人げないし、かといって冤罪を被るのも歯がゆい!!

理不尽すぎる!!

なんだか、ふと・・・

 

とりあえず自分がしたことを信頼する鋼の自信が欲しい・・・

と思った一日でした。