まるっと3104くん

自分、不器用ですから…

低気圧

なんのこっちゃなタイトルですが・・・

 

嵐さんの新曲が手元に届いたら取り掛かるのが、iTunesに取り込むこと。

そして、車の中で聴くための新曲をまとめたCDを作成するのがいつもの習慣。

生CDでもいいのだけど、オリジナルカラオケとかいらないし(カラオケだけは絶対しない主義)通常盤と初回盤を入れ替えるのはこの上なく面倒(チェンジャーなんてないし)

新曲をガッツリリピートして聞くためにわざわざこの作業をするのですが、今回「青空の下、キミのとなり」に収録されたウラアラトークを入れるべきか否かをしばし悩んだ私。

通勤時間が10分ちょっとという短い時間に3日にわたってトークを聞くことになるわけで・・・

ま、彼らのワイワイした話を車で聞くのもラジオっぽくて楽しかろうと今回はあえてウラアラトーク入りのCDを車にセッティング。

まだ耳に馴染んでいないカップリング曲が流れ気持ちよく聴いていると、不意に無音がしばらく続く。

あれ?CDの焼き付け失敗したかな??(今も焼くって言うのかしら?)

ふと、ぼそぼそとなにか聞こえる。

何気に始まっていたのがウラアラトーク。

まじか・・・

なんと私の愛車ではエンジン音が大きすぎてウラアラトークが聞きづらいことが判明!

大音量にしてもちょっと聞きづらい。

まだ、櫻井君と二宮君はかろうじて聞こえる(わかるでしょ)

んが!

とくに、相葉君の自己紹介の時の櫻井君との小声の打ち合わせに至ってはほとんど無音。

さらに普段に近い?声を張らないフラットな大野君の声は余計聞こえない・・・

 

ん?ん?声、小さいな・・・

 

ちょっとした中森明菜さんのモノマネをするともちか姉さんを見ている状態(明菜さんでよくない?)

ちなみに本日のタイトルは明菜さんの紅白のコメントから抜粋(意味もないしワケワカメすぎるわ)

私の車で聞くには失敗だったウラアラトーク。

やっぱりおうちの静かなところで聞きましょう!(だね)

 

しかし

30代のおっさんが寄ってたかってオトコの女子力について語る熱量っていったい・・・

 

ちなみにこのCDうっかりすると

 

大音量にしていたのを忘れてたーーーっ!!て毎回なる(面倒くさいCDだ)