まるっと3104くん

自分、不器用ですから…

お忍びひとり旅 櫻井君編

大野君の個展にまつわるめでたい話に、ゆっくりのんびり過ごすはずだった私の休暇は激動の一日に(そこまでではない)

 

休暇を使って大分のゆふいんまでのんびり旅行へ行っておりました。

f:id:marutto-3104:20150512172400j:plain

残念ながら由布岳には雲がかかって綺麗に山頂まで見えなかったのですが景色は最高!

たまたま行きたかったところをうっかり通り過ぎてしまったことが幸いして、なかなかの絶景スポットで写真を収めることができたのも、おひとり様の醍醐味(ただ迷子になっただけ)

出発の前日は、なんだか旅行の計画を立てた時点で満足してしまって(旅行あるある)そこまでテンションが上がっていたわけではなかったのですが、私的にはとても充実した1泊2日の旅となりました。

数日間は旅行ネタで日記をちょいちょい挟んでいく予定(うざいほどに)

 

完全にオフっている状態とはいえ頭から離れられないのは嵐さんごと。

ここ最近の動向からして旅行といえば・・・

 

もしかすると櫻井君に遭遇するかも・・・

 

と淡い期待もむなしく(そんなにうまい話はないしこの日はZEROの日だ)

ちなみに、遭遇した時のシミュレーションは準備しておいた(もちろん気づかないふりをしつつも接触を試みるという大胆なもの←多分ムリ)

それはそうと・・・

まぁびっくりというかここ最近の情勢なのかほとんど外国人観光客。

韓国、中国、東南アジア系の観光客であふれておりました。

旅行をする時はいくつかのミッションを用意している私。

その一つがコレ

f:id:marutto-3104:20150512173511j:plain

ゆふいんの 森号という特別列車に乗って贅沢に旅をすることだったのですが、こんなゴールデンウィーク明けのド平日ににも関わらず満員。

そして行きも帰りも私の隣は外国人だったほど国際色豊かな旅でした。

 

そして、私が今回設定した中で最大の難関とされたミッションのひとつ。

櫻井君も危険を顧みず挑んだアレ!! (私の場合は危険でもなんでもない)

女性用の帽子(丸っこいヤツ)を渡されるも

(櫻井君と同じ)運転士のがいい!」

とダダをこね、40前の独り身オバサンが恥も外聞も捨てこれに挑む!!

 f:id:marutto-3104:20150512190004j:plain

ひとり記念撮影

(画像処理しています・・・てか変装になっているのか??)

 

申し訳ないがこの際はっきり言わせてもらおう

 

オマエはバカか!(この件がしたかっただけ)

 

ちなみに帰りも懲りずに調子に乗ってまたも「ひとり記念撮影」(帰りも運転士の帽子をチョイス)

しかし、帰りはなんと!!

f:id:marutto-3104:20150512183632j:plain

超初対面、たまたま隣の席の外国人(多分お隣の国)の女性とのミラクルツーショットが実現!(彼女のサングラスは自前、後ろのオジサンたちは保護のため画像処理(遊んでいません))

ちなみに、私から声をかけようとしたら彼女から「トゥギャザー!」と言ってくれて意気投合。(ひとりバージョンも撮ってもらった)