まるっと3104くん

自分、不器用ですから…

ジェネレーションギャップ

去年入社した新人君はまだ10代。

もはや私の息子と言ってもおかしくない年齢だ。

 

ついにこういう時が来たか・・・(遠い目)

 

新人君と会話をしている私と同じぐらいの昭和後半生まれ世代の同僚たちがざわついていた。

 

キン肉マンを知らないらしい・・・」

 

その世代にとってまさに一世風靡したといっても過言ではないこのアニメを「知らない」と言い放ったものだからそれはちょっとした騒ぎに。

一様にして

 

「ついにこういう時が来たか・・・」(同じ目)

 

その流れで私に話を振ってきた同僚。

「ねえさんもキン肉マンはど真ん中っすよね!」

ま、確かに時代はそうだったけど、私にキン肉マンを語れと言われても・・・(格闘物はどうも・・・)

さらに幼いころの私に至ってはテレビはもちろんアニメや漫画は子供にとって有害物質と言わんばかりの環境で育ったので、見ることができなかった。

よく会話に入ることができずに仲間はずれにされていたほど。

その反動からか自らお金を稼ぐようになってバカみたいにアニメや漫画を見たのはだいぶ後になってから(逆効果)

「私のど真ん中といったらコナンとかエヴァとかかな・・・」

 

「ん、ねえさん。それもどうかと思う・・・」

 

私には時間的ギャップが存在しているようだ。